23 December 2013



偶然向こうから歩いて来たステキなひとが
自分のよく知ってるひとだったら
どうしようもなく、うれしい、ですよね